エンタメ

(保存版)【モチベーション紳士】人の目を気にしない3つの方法

【モチベーション紳士】人の目を気にしない3つの方法

 

 

2019/01/21 に公開

人気YouTubeチャンネル「モチベーション紳士」

こんにちはパンダです。
本記事は、モチベーション紳士さんのYouTube動画紹介です。
今回は「人の目を気にしない3つの方法」。
人の目ばかり気にして生活している僕にはピッタリのテーマです。
これで僕も堂々と生きれるように頑張ります。

【以下動画の内容】

 

人のタイプは2つ

 

世の中には2つのタイプの人がいます。

一つ目は、人の目ばかり気にして自信がない人

もう一つは、人のことなど気にせずに、やりたいことを自信満々にできる人です。

 

 
 

この2人の違いはなんでしょうか。

「もともと人にどう思われるのか気にしてしまう性格だから、人の目が怖いんだ」
という人もいるかもしれません。しかし、実際には人間に先天的に備わった恐怖は、「落ちる恐怖」と「大きな音に対する恐怖」だけです。それ以外の恐怖、人にどう思われるかの恐怖は後天的です。

すなわち、取り除くことができる恐怖ということです。

それでは実際に「人の目を気にしない3つの方法」を見ていきましょう

 
 

誰もあなたのことなど気にしていない

 

一つ目は、「誰もあなたのことなど気にしていない」と知ることです。

少し前に話題になった話で「僕らは福山雅治じゃないんだ理論」というものがあります。

これは、ショールームの社長である前田裕二の言葉で「僕らは福山雅治じゃないんだから、誰も大して気にしていないし、注目もしていない。

だから、人を気にすることなく好きにすればいい」という理論です。

 

前田裕二は、この理論のおかげで人前で緊張することは一切ないそうです。

失敗しても誰も気にしないし、誰でも覚えていないと、知っているからです。

考えてみてください。

あなたは道ですれ違った人は何をしてたか、知り合いが何をしていたかなど、逐一他人のことを覚えていますか?

 
 

そんなことはないと思います。

周りから見ればあなたも他人の一人です。

いちいち何をしてたか何て誰も気にしていません。

人は自分のことで精一杯です。

これに気づくだけで、人の目を気にすることは少なくなると思います。

 

自分がコントロール出来る事と出来ない事を区別する事

そして次のステップが、「自分がコントロール出来る事と出来ない事を区別する事」。

この場合、人が自分に対してどう思うかはコントロールできませんが、自分の行動はコントロールすることができます。

例えば、好きな人に告白をしたとしましょう。

告白の結果、成功して相手が喜ぶかもしれないし、失敗をして相手と気まずくなるかもしれません。

このように告白の結果や、相手の感情はコントロールできないものです。

しかし一方で、告白をせずにモジモジし続けるか、告白をして結果はどうであれ勇気を出して行動を起こすかは、自分自身でコントロールすることができます。

 

同じように、人前で何か発言するのが怖いときも、他人をコントロールすることはできません。

何言ってんだコイツと思われるかもしれないし、全く気にしていないかもしれません。

対して、どう思われるのかを気にしてずっと黙っているか、自分が言いたいことを自由に言うかは、自分で決めることができます。

 

見た目や身長が気になって自信の持てない人も多いと思います。

これも同じように、人が自分の見た目を馬鹿にするかもしれないし、何も感じていないかもしれません。

ただ、あなた自身が自分のコンプレックスを気にして、ずっと人前でおどおどした人生を送るのか、それとも自分の嫌な部分を受け入れて、人前で堂々として人生を送るのか、それはあなた次第です。

 
 
 

このように自分がコントロールできるのは、自分の行動だけだと知りましょう。

なぜこんな当たり前のことが大事なのか。

それはコントロールできないことをコントロールしようとするのが一番つらいからです。

そして、人の目が気になる人は、人の思考というコントロールできないことをコントロールしようとしてしまっています。

 

コントロールできる自分の行動だけに集中すること

 

なので、最後に一番重要なステップが「コントロールできる自分の行動だけに集中すること」。

一番よくあるパターンなのが、人にどう思われるのかを気にしてしまい行動を取れなくなったり、人前でおどおどするようになります。

そんな弱い自分に対して自己嫌悪するようになり、自信をなくし、更に人の評価を気にしてしまう、という最悪のサイクルに陥ってしまうことです。

 
 
 
なので、ここで一番重要なのが、人の目がどんなに強くても自分が行動を起こすことを

ゴールに設定することです。

行動を起こすと、上手くいくかもしれないし、行かないかもしれません。

でも、勇気を出して自分ができることはした、こういう誇らしい気持ちが生まれます。

 
 
 
 

そして行動の度に自分を込めることができるので、どんどん自信が生まれ、評価基準が人にどう思われたかではなく、自分が何をしたかに変わります。

次に人前で発言するか迷ったときは、迷わず発言してください。

周りの人にどう思われるかよりも、あなたが勇気を出して発言したことに価値があります。

 
 
もう人に何かを言われたから自信をなくしたり、他人が好き幻だから自分も暗い気分に

なったりするのはやめましょう。

あなたの価値を決めるのはあなた、あなたの感情を決めるのもあなたです。

それでは皆さん最後まで見てくれてありがとうございます。
 
 

ぱんだ
ぱんだ
その他のモチベーション紳士さんの話はこちらです。