エンタメ

(保存版)【起業家】家入一真から学ぶ, 成功する唯一の方法

【家入一真】成功する唯一の方法

 

2019/02/21 に公開

人気YouTubeチャンネル「モチベーション紳士」

こんにちはパンダです。
本記事は、モチベーション紳士さんのYouTube動画紹介です。
このチャンネルでは自分をもっと成長させたい人に知識とノウハウを教えてくれるチャンネルで、登録者数が急上昇中です。

今回は家入一真から学ぶ、成功する唯一の方法を紹介します。

【以下動画の内容】


キャンプファイヤー社長家入一真の成功理由と方法

今日は起業家家入一真さんから学ぶ成功する唯一の方法です。
キャンプファイアー社長です。
29歳でJASDAQ最年少上場を果たした、日本で最も成功している起業家の一人である家入一真さん。

そんな家入さんの成功の理由、そして家入さんから学ぶ成功する方法を詳しく説明していきます。
ぜひ最後まで楽しんでいってください。

「嫌いで苦手」なことから逃げる

早速結論から言うと家入さんの一番大きな成功理由は嫌いで苦手なことから徹底的に逃げたこと。
そして、これが成功を収めるために一番大事な方法です。

起業家というといい大学を出て、優秀でエリートというイメージが強いかもしれませんが、
実は家入さんはまったくの反対で、中2の時にいじめが原因で不登校になり、高校も中退。
人間関係が苦手で、就職してもすぐ会社を辞めてしまいます。
そして起業した理由も人に会わずにお金が欲しかったから。
というように嫌なことや苦手なことから徹底的に逃げることで、今の経営者としての成功を収めます。

でも、それっておかしいですよね。
嫌な事から逃げてばっかりで、成功なんてありえないし、それじゃただのニートじゃんと思う人も多いと思います。
しかし、ここでのポイントは家入さんが自分の得意なこと、そして自分が活躍できる分野を見極めたことです。

成功できる見込みのない環境をすぐに捨てて、自分が成功できる場所を探しに行ったこと
これが家入さんの成功の理由です。

得意な事を見極める

得意なことを見極める、なんて当たり前のように聞こえますが、あなたの才能は何?と聞かれてパッと自分の才能を答えられる人は少ないと思います。

そして、その理由が学校という平均的な人をつくるための教育機関です。
学校で評価される生徒はすべての勉強が平均的にできる、オールマイティーな生徒。
国語が得意でも、数学ができないとお前は数学ができないからダメだ、もっと頑張れと言われてしまう、不完全を受け入れてくれない世界です。

このような世界では、嫌なことを我慢してやるのが当たり前であり、いやな勉強を頑張って苦手をなくすことが学校で成功する方法です。

この修行のような期間が16年も続いてしまうと、自分の苦手な部分、足りない部分ばかりに目を向けるようになってしまい、いつしか自分に得意なことがないように感じるようになってしまいます。

ただ一方で、社会で成功するために必要なのは、自分が持っている武器に目を向けて、得意なことで結果を出すことであり、学校時代のように自分に向いていないことを我慢して続けることはむしろリスキーです。

苦手なことを無理して頑張っても、好きで得意な人にはどうしても勝てないですよね。

そうにもかかわらず、嫌なことを我慢してやらないと成功できない、という学校のルールに縛られてしまう人が多いのが現状です。

苦手なことや嫌なことは得意な人に任せて、自分の武器が生かせることに集中しましょう。

 

 

小さな得意も活かせる

ただ、ここで問題なのが自分の得意なことがいまいちわからないというケースです。
しかしこの場合でも、自分が無意識のうちに無駄で役に立たない才能だと決め付けているだけで、得意なことがない人なんていません

例えば「おしゃべりな人」それは才能です。
先天的にコミュニケーションスキルが高ければ、それだけで営業の世界では大きな武器で、普通の人よりも成功できる可能性は高いです。

同じように「人の目ばかり気にしてしまう」コンプレックスがある人も、目線を変えると人の感情や場の空気を読む才能がある人。
カウンセラーや営業に必要不可欠な能力を持っていることになります。

そして「ノートがきれい」という一件無駄な才能でも、僕の場合このyoutubeで大いに活かされています。

このように才能と言われるとプロスポーツ選手のように、ずば抜けた何かを持っていないとダメだと思われがちですがそれは違います

少し人より空気が読める、少し人より細かい作業が得意、という程度のものも才能で、学校が認めてくれなかったような小さな才能が、社会では生かす場所次第で大きな武器になります。

しかし、実生活ではコミュニケーションスキルが高くて、営業に行けばすぐに活躍できる人が、「苦手なことを我慢しなきゃ成功できない」と信じて、自分に向いていない経理でずっとがんばる、というケースが多いです。
努力は報われると言いますが、それは正しい環境で正しく行われた努力に限ります。

苦手な事を頑張るのは効率が悪い

意味なく苦手なことを我慢して続けるのはやめましょう。
辛いことを我慢するのは、自分が活躍できる場所を見つけてから。

そして、「これを続ければ勝てる」と分かってからで十分です。
そのことを念頭に自分が成功しやすい場所、まずは探してみてください。

では、実際にどのように自分の得意なことを見つければいいのか、これについては長くなってしまうので、また別の動画で詳しくまとめていきます。

家入一真の29歳でJASDAQ上場まで
・福岡県立玄界高等学校を高校1年時にいじめを原因に中退
・その後3年間ひきこもり
・大学入学資格検定で美術大学に合格するが通わず
・大美大受験の予備校である美術研究所画塾卒業
・株式会社paperboy&co.を創業
・29歳の時にジャスダック市場へ最年少で上場

なめらかなお金がめぐる社会。あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。 [ 家入 一真 ]

価格:1,620円
(2019/4/26 12:29時点)
感想(0件)

我が逃走【電子書籍】[ 家入一真 ]

価格:983円
(2019/4/26 12:30時点)
感想(0件)

 

ぱんだ
ぱんだ
その他のモチベーション紳士さんの話はこちらです。