ガジェット

【アップルが大好きなんだよ】衝撃の発表!10分でわかるPowerbeats Pro【比較表あり 】

Powerbeats Proが発表になりました。
アップルが大好きなんだよさんが詳細動画を上げていたので紹介します。
いつも表が見やすくとても参考になります。

【以下動画の内容】

衝撃の発表!10分でわかるPowerbeats Pro

Powerbeats Pro登場

突然Appleのホームページとbeatsのホームページで発表されたPowerbeats Proが発表されました。今日はPowerbeats Proまとめてみたいと思っています。

大きな特徴


スポーツ用途にそもそも定評があったPowerbeatsが、完全ワイヤレスになりました。
今までのモデルだとbeats XにしてもPowerbeatsにしても、このコードで繋がった状態のワイヤレスで左右分離型ではなかったわけです。

それ以外に今回大きく変更になった点は、充電ケースがついたことです。
単体では9時間再生、そして充電ケース合わせて24時間以上というバッテリー持ちです。

スポーツ用途ということで耐汗・防沫性です。
私も以前使ってましたが、イヤーフックがかなり固定力をね高めてくれるということで、
これのおかげで装着感がスポーツでも安心して使える感じです。

で今回は、AirPodsでも対応したばかりのHey Siriに対応したということです。
サウンドに関しては力を入れたようで一から再設計をしたらしいです。

オーディオのコントロールは左右個別で可能になりました。
それとAirPodsと近い内容になってるのが自動オンオフセンサーです。
装着するだけで自動でオンオフになります。
それを支えているのがH1ヘッドフォンチップです。
これは新しいAirPodsにも採用されています。

色展開ですがAirPodsと違って4色用意されています。

これは基本色の黒

女性に人気が出そうなアイボリー

結構かっこいいですよね、ミリタリー調のモスという色。
モスグリーンのモスだと思うんですけどね。

4色目がネイビー。
ネイビーはこのロゴがベージュみたいなで
かなりねクールな感じですよね。
これはね、かなり惹かれます。

外観

外観についてはPowerbeats3に比べるとシャープな感じの印象ですね
横向きのパーツが斜めになってますね

それと充電型ケースが付いたというのが喜びが大きいですね。
ケースはライトニングで充電できるようです。
ワイヤレスチャージングシステムは付いてないみたいです。

性能

Class 1 Bluetoothとうたっていますが、Powerbeats3の時からClass 1 Bluetoothだったので、どうして今更打ち出したのかわかりません。

Siriによるハンズフリーコントロールですね。
後は「b」 っていうボタンで、左右どちらでも操作ができるみたいで、
これはかなり魅了的な部分ですね。

左右両方にボリュームボタンがついているらしいんです。
それで着けたと同時にON、外すとOFFになるセンサーがあるということです。
「b」ボタンを長押しすると着信を拒否してくれます。


比較表

チップが変わりましたよね。
ペアリングの方法がPowerbeats3の時は電源ボタンを長押しだったんですが、Powerbeats Proではケースを開けるだけでペアリングができます。
電源オンについてはPowerbeats3はケースから取り出した後ボタンを押していたのが、
Powerbeats Proでは装着するだけでよくなりました。
バッテリーに関しては本体だけみれば12時間→9時間と短くなっていますが、ケースと合わせると24時間利用できます。
充電方式は、Powerbeats3は本体に直接Micro-Bを挿すタイプだったんですが、Powerbeats ProではケースにLightningケーブルを挿すタイプに変わりました。
(新型AirPodsのバッテリーは本体で5時間)

性能比較 Powerbeats ProとPowerbeats3

性能比較 Powerbeats ProとAirpods 第2世代

比較表2

耐汗・防沫が使いされましたね。
それとHeySiriが使えるようになりました。
ノイズ除去という機能が追加させましたが、ノイズキャンセリングという言葉は使っていませんが同じ機能だと思います。
起動は前の場合はペアリング後もボタンを押ししないといけなかったんですが、
それが装着のみになるということです。

性能比較 Powerbeats ProとPowerbeats3

性能比較 Powerbeats ProとAirpods 第2世代

価格

アップルが出しているワイヤレスイヤホンのラインナップになっています。
お値段としては最高峰となってしまいました。

ワイヤレスチャージング付きで22,800円のAirPods買うんだったら、
Powerbeats Proが良いんじゃないかって気持ちにさせられますね。
これは大人気になるんじゃないかなって思いました。

Appleが大好きなんだよ

2019/04/04 に公開