武田邦彦

武田邦彦】医者や先生たちよ!労働者に成り下がってどうする。いさは専門家であれ。

 

わたしたちの健康9:「医者の労働者」

・先見創意の会2018年1月30日。
・「医者も労働者」?
・労働者になり下がった医師の待遇問題。
・医師は専門家でなければダメ。

【自動生成文字起こし】
ちょっと今日は雨軽いというか内容は重たいんですけど
簡単なのですね私たちの健康の9番にちょっと挿入しようと思いましてですねえっと
入れましたがこの前にちょっとあのいいいい
ネット雑誌 the net しだと言われるといった
えっとあの創意工夫層は先見創意の会のですね1月30日号なんですけれどもこれに
ですね
医師も労働者という論文が論考が載っておりましてないよう非常に真面目でまあいい
わけですけれども
医師というのはもともと労働者じゃないん労働者と言い方自身がもう古くさくて定義が
合わないんでしょうけれども
医師といっしょは典型的ですねそれだ大学の教授
それから
えっとまぁいろんな職業ですね弁護士とか裁判官なんかもそうなんですけれども
この人たちは労働者ではないんですね何その労働者っていうのはどういう定義かといい
ますと
雇用をしている人の命令を聞く人なんですね
命令は法的に違反するものは駄目ですね例えば
殺人白あんでそのはダメなんですが
8就業規則に則って a
雇用してる人から支持を受けその指示を実施するのがまあいわゆる労働者勤務勤務者
っつっていいんですかね
近物たり医者もう勤務になりますから労働者と言うんでしょうけれども
ところがいいしそれから大学教授
裁判官っていうのは
自分の仕事については上司がいないんですよ
あの
医師はですね患者を見るという行為
行為は確かに寛容あのみてくれと言われて見てるんです
大学の先生も抗議してくれて抗議してるんですね裁判官も a 裁判してくれっ子って
エイサーまあするんですがその内容についてはまったく
zone あの主義を受けないんですよ医者もですねどういうものにであの
問診をするか8測定器を使うか
それから判断するまでどうするか先生もそうですね大学先生もカリキュラムってどう
いうものを教える勝つの自分で決め
どういうふうに教えるのも勝手に教え祭典すら自分で勝手に採点するわけですね裁判官
もそうですこういう人たちは労働者ではないんですつまり例えば私ですとだよ
表示なので学長の子どもがもしも私の抗議を受けてもですね
学長の指示は一切出ないんですよだからこういった人たちは労働者ではないわけですね
つまり解雇もされないんです医師も大学教授も裁判官も解雇されませんよっぽど不祥事
とかですね犯罪犯したところは別なんですけども
仕事をサボったとか
仕事の仕方が悪いつってクビにならないんですよなんで買ったら仕事は医師ならいいし
大学教授な大学教授裁判官が一応一番社会のトップにいるわけですから
トップの人をですね下の人が評価するといけないんでそれはないんですねだから解雇も
ないんですよ
身分も保障されてるんですね
よっぽどのことがない限り大学教授おいしもあの裁判官も資格を剥奪されることすら
ないんですね
だから特権階級ある意味で特権階級なんです立っから
その人たちはですね
労働組合もなければ何もないんですが社会が
その人たちをちゃんとするとそのたちもお金に関係なく
命令とが雇用に関係なくちゃんと働くというのが前提なんですね実際はそうだと思い
ます
裁判官の世界はちょっと知らないんですけれどもあまり詳しくないんですが医者も日本
の医者はですねほんとに行こう
時間外労働もするし大学の先生なんかも時間外労働してるんですね大学で勤めてると
面白いんですよ例えば学生の指導だとかキャラ大学の委員会でもそうなんですが午後5
なっても
そうなに事務官編みが帰っちゃうんですよいや5時になりましたから私たちはこれでて
帰っちゃうんですね
それを労働者だからなんですよ
ところ私たち麻生かどうぞ先に釣ってやるんですね
宗谷のないで例えばですね
学生側も目の前で悩んで自殺しようなっている時に
や個人何もしたら帰りますとかじゃあ行かないですね
お医者さんもそうですね目の前に患者さんが君送る品でのに5時になりましたから
ちょっと子供を保育園に開いて子供を連れて変えなきゃいけませんから吊らに行かない
わけですねこういった職業は長い歴史で
ですね社会に必要だと思って作られているわけです
その代わりその人は者労働者じゃないので労働者の権利を主張しちゃいけないんですよ
ところが
まあ戦後ですね小学校中学校高等学校の先生については日教組というよくわからない
ような左翼の団体がですね暴れてですね
簡単に言えばですよこれはずっと悪いんですけども暴れて日本の教育を無茶苦茶にし
ちゃったんですよ
それは必ず無茶苦茶になりますその当時日教組は教師は労働
所だといったわけですよ教師が労働者であると人間は扱えないんですよ
目の前にいる中学生とかするのがですね暴れてもは5時になりましたからねじゃあ
どうぞという風になるんで話になんないんですよ
仕事の本質と違うんですねだから日本の教育はもう無茶苦茶になりました
今度医者がどうもむちゃくちゃなるようですね
医師も労働者これはあの細論文およびになったらですね
書かれた人が十分にお考えになって適切なことを書いておられますけれども基本はです
労働者に成り下がった現在のいいしたいぞう問題なんですよ
じゃーん
医師が労働者に長成下がるということは我々国民の健康っていうのにどういう影響が
あるかっていうことを十分に議論したいけないですね大大学の矜持を労働者にした場合
大学教育とはどうなるのかあこれはもうほんと具体的にやれば本当にすぐわかっちゃう
んですねあの
ヒョジュ行論文な
にしろ博士論文にしてもですね
大学教授が労働者になるとどうなるかったあのスタッフ論文の早稲田大学の大学教授
みたいになっちゃって
それでもいいやいいやともう博士論文がおかしいつんだったら取り消しはいいじゃない
かってこういう風になってしまって教育っていうのが大きく崩れますね
で医者はあの非常に特殊なですねあの大学教授も一緒ですけども
医者は人の身体を傷つけても走らないんですよ
注射打ってもメスで切っても傷害罪にならないですねこれはもっと大きな目的がある
からなんですね学校の先生もそうですねそれから細胞
音感も
人を殺すことがある死刑という判決でそれでも
別に咎められないというのはですね人間社会っていうのは一様じゃないんですよ
いろんな必要性があるわけですそれに応じて職業の携帯とかその職業に携わる人の待遇
を十分に深く考えておかないとダメなんですね
ですから一時リベラルの人とかそれと左翼の人が教師も労働者はないかということに
なって現在の
誰かあの大学以外の先生は本当に労働者みたいになっちゃってですね
それで私はあの塾の先生と変わりがないと思うんですね
塾の先生は労働者なんですよ
これは延べ千塾の先生を下に見てるわけじゃないんですね
塾っていうのは
あのあることを請け負ってやるんですよ
例えば学力を上げるだから全人格的な問題はしないんです
中学校の先生は塾のせず何が違うかったら
中学生の人格を向上させるんですね
ですから塾の先生の体罰摘まずないんですよ
それは請負仕事だから
労働者だからところが学校の先生は時々体罰するんですよ
なぜかったら人格に属するからなんですよ
だから
まぁそこのところをねどういうふうに現代社会としてですね
我々が考えるかっていうところにこの石が労働者かどうかっていう問題があるんですね
私は社会は複雑で人間社会複雑なんで芸者さんもいれば
指定暴力団もありパチ小屋山もあり
お酒もありタバコもあり医師もいて
大学教授おいて教師もいて裁判官もいると
それから大多数は雇用されている労働者だったり
商店主だったりすると
それが全部で同じようなシステム同じような枠でやって
いいかというと私は今までの歴史の示すところはですね違うと思うんですね
それはやっぱり医師は労働者ではないじゃ
現在労働者に成り下がった医師というものをどういうふうに台風し社会も医療という
ものでメリットを得
医師もひどい取り扱いを受けないというそういうことがですね社会の変化に伴って
できるのかどう
のか
ということを議論しないとですね
すでに中学校高等学校の先生が労働者になってしまって教育が崩壊しただ大学の前世も
やや
サラリーマン化している傾向がある
中で
ここはまあ世界がどう動こうと世界はそうじゃありませんが世界が同5号棟
日本国の発展と日本の子どもたちの幸福のために私たちが深く考えなければならない犬
じゃないかというふうに思います

チャンネル登録はこちら ►http://www.youtube.com/channel/UCTHZe…

こちらは武田邦彦先生のファンが運営するチャンネルです。

テレビでは放送しないような武田先生の話を配信していきます。

【経歴】 昭和18年6月3日東京生まれ 昭和37年都立西高等学校卒業 昭和41年東京大学教養学部基礎科学科卒業同年、旭化成工業(株)に入社 昭和61年旭化成工業 ウラン濃縮研究所長 平成5年より芝浦工業大学工学部教授 平成14年より名古屋大学教授 平成19年より中部大学教授  平成26年より特任教授工学博士 専攻は資源材科工学 東京大学・京都大学・東北大学・横浜国立大学・早稲田大学・立教大学・愛知大学などの非常勤講師、文部科学省中央教育審議会専門委員、工学アカデミー理事、NEDO技術委員、日本工学教育協会常任理事を歴任

【学位】 ・工学博士(東京大学)

【主な受賞歴】日本原子力学会特賞(1990年) ・日本エネルギー学会賞(技術部門・共同受賞)(1991年) ・日本工学教育協会工学教育賞(倫理)(1999年) ・日本工学教育協会賞(2000年) ・日本工学教育協会論文・論説賞(創成科目)(2003年)

【書籍】 給料を2倍にするための真・経済入門 (ベスト新書) ナポレオンと東條英機 理系博士が整理する真・近現代史 (ベスト新書) 居酒屋力 (双葉新書)  もうだまされない! 「身近な科学」50のウソ 原発、エネルギー、環境、健康知識のホント (PHP文庫) 大麻ヒステリー~思考停止になる日本人~ (光文社新書)  間違いだらけのエコ生活(主婦と生活社) 君が地球を守る必要はありません (14歳の世渡り術)(河出書房新社) 「地球温暖化」論で日本人が殺される!(講談社) その他 多数著書有り

資料:武田邦彦先生ブログ(http://takedanet.com/)

#リサイクル #原発 #ゴゴスマ #中部大学 #ホンマでっか #戦争 #中国 #韓国 #コレステロール #タバコ #虎ノ門ニュース #youtube #本 #ホントの話 #NHK #ホントの話 #テレビ