武田邦彦

【武田邦彦】恐ろしい事実。塩分控える事のリスク知ってますか?減塩に騙されるな。ガンや認知症を予防するために。【醤油、食事、ぴんぴんころり】

わたしたちの健康10:お醤油はどのぐらい使うべきか?
・食塩は体になくてはならぬもの
・日本人はなぜ食塩を多くとっていたのか?
・減塩すると何がよくなり、何が悪くなるか?
・必要なものは美味しいの原則と減塩

【自動生成文字起こし】
このブログではすでにですね血圧が130なんていう基準はもう全然無茶苦茶だと
でまぁあのしーてーまあ血圧の基準っていうのが存在するのかどうかということが問題
です
病気ってのはもちろん存在します豪血圧の秒きっとが存在しますが高血圧の病気って
いうのは身体に狂いが生じて自分の体ではあ
血圧をコントロールできなくあった状態これをあの
高血圧秒と家庭血圧病って言うんであって
パンに血圧がいくつかということを持って正常であると会場であるって買って車は言え
ないんですが150位まぁ一応か検討としては
日本独学会が全国の健康な人の検査で明らかにした
150もしくは昔から認められている
年齢+90
っていうのちょっと緩めたとして
年齢プラス
80
というところですかねちょっと低すぎるかもしれません
ところでまあそういうその血圧のインチキから見てですねまぁそういう
厚生労働省とが高血圧学会のことを非難するのではなくて
やっぱ私たちの健康としてお醤油ってどのくらい使っていいのってくんなんですね
私はあのえっと食塩非感受性つまり食塩をとっても血圧も変わらない人なんですね
ま日本人ではその人が大変そういうのが大半なんですけども
ですからまあ昔からを白いの量なんていうのは自分が好きな量だけかけています
あまりあまりカラーとならないようにあまりウスは次男ないように適切に使ってます
それは年かというと
食塩は体になくてはならないものなんですね
細かく言いますと食塩の必要性とはもうすぐ一杯日本あの
香川であるんですけどもいずれにしても皆さん知ってますようにお医者さんもですね
何か水分を補給させるときにはですね特に大量に普及させるもしくは
体の弱ってる人
に水分を補給するためには浸透圧って言うんですけども
純粋な水をの与えるんじゃなくて生理食塩水
とまぁ昔呼ばれしたものを供給するわけですね
つまり人間の体っていうのは適切に食塩が溶けている状態で保たれております
このあの水の浸透圧っていうのは非常に人間には重要なことで例えばお風呂に入る時
ですね昔から
初ボロは老人は使わせないでいいっつっていうのは新しい風呂は
純粋水が純粋だから浸透圧が高いんですね
ですから老人がつかれるってな言葉一旦それはまあ
完璧に利子技師やがを検討されているもんじゃないんですねまぁナメクジに秘奥あの子
を巻きますとナメクジの皮膚を通して水が浸透圧の低いお子様の方
に塩水なんですけど仕様使用の方に吸い取られてまぁしょぼんでしまうと生物はまあ
浸透圧を適正に保つ必要があるのですが
浸透圧を適正に保つ一番大きな役割を果たしているのが後ろなんですね
それから血圧もうもある程度お子様には関係しているので血圧を適正に
保つとだから血圧を保つのはた日本のようなこの島国いっていいますか周りが海水
解説なそうと仕様からですからね海水に取り囲まれているような国で
かつ割合とまぁ same と
ような国ではですね押しはもうどうしても新人代謝を盛んにし
体の調子を整えるために元気元気で生活するために必要なものなんですね
だから日本人はややショップ食塩を多くとっていたわけです
それで8
減塩した場合ですね減塩はあの
健康食っていうか減塩食のは健康だ fc だと言われているんですけども
一般的にいえばですよお醤油を使わない
お味噌と5試合を使わないということは健康には悪いんです
悪いんですねえただあまり自分がし
おかなくて食べられないというものを食べるば良くないということですね
あまりあの食べられない物食べあの子様辛いものばっか食べてるとまぁ腎臓の負担が
待ってるぞ
銀蔵が健全なら全然道とこないんですけども負担がかかるということもあるんですね
だけども総じて言えば
やや塩辛いぐらいのが良いと
いうようなことがいえるわけですねですから長野県の男性を取りますとね女性まま
ほとんど同じなんですかだ長野県の男性を取りますと
塩分の使用料が13g とか14g とか非常に多いんですね
しかし寿命はまあほど47都道府県で一番長いということなのですね
なぜなのっていうとそれはを所有とか教えを取ることによって体の浸透圧胴適正に保ち
血圧をて喫煙多摩雄のでちがー
全身に巡りますのでねしたがってがんになりにくい
感染症にかかり難い
それから脳の
脳のボケた病気ですね認知症とかそういったものなりにくいということでいいわけです
そうしますとお醤油をどの位かけるべきかっつったらですねやっぱり美味しい程度と
いうことになると思うんですね
これはですね
と環境と人間という研究はずいぶん行われておりまして
例えば一礼を述べますと鎌形赤血球品計四葉2-1番考えるのに便利な教科書的な病気
なんですか
亜熱帯地方ですねだいたいベトナムぐらいからまぁいらんぐらいに至るまでの地域に
ですね
玉型設計9貧血長という遺伝病があります
この遺伝病はですね
越冬あの
体なのかなえっと治療保つヘモグロビンの一部のですね
アルファーさデータあさって鎖が2つあるず不能この2人のうちの1つがですね
beta 3確か6番目だったと思うんですがそれがですね1個アミノ酸が違うんです
間違ってお母さんが子供を作ってしまうんですけどそれによって普通の設計機はまん丸
んですけれども
かまみたいな変な形してて家を運ぶ
山荘発行能力が低いんですよしたがって
大体20歳ぐらいになると重度な貧血症になって30で死んじゃうんですね
これがなぜ
姉帯地方にだけ存在するかというと亜熱帯地方はマラリアで亡くなる方が多くて
この金型設計京浜慶州にかかってる人はマラリアに絶対かからないんですよ
ですから彼が私石鹸級品警視庁案は存在するんですねつまり人間の体っていうのは医者
がなくても栄養学がなくても適正に保てるようになってるっていうその一つのまーれー
なんですね
環境と健康というのを勉強する人は必ずこのか
またせっ99貧血史を勉強するっていうくらい有名なものなんですね
1920年か30年代に確かイギリスの石井歯科なんかが解明したものなんですね
つまり人間のしたとかそういうものはですね美味しいか不味いかっていうのは長い歴史
その風土の中で最も適正にコントロールされている
ます従ってもよ雪国の人ですね青森県とか長野県っていうのは国の人はやや塩の取る量
が多いのは当然で血圧を上げとかないと寒い冬は乗り切れないからなんですねまぁ最近
ではですね
冬の暖房が行き届いているので昔よい彼は少し
血圧は低くてもいいし
血の巡りも悪くてもいいので
まあ昔18g とかいうとってたんですね育った
それはまあ現在では少し塩辛いぐらいのものを取るというのがまあ適切かと思いますが
いずれにしてもですね
現在の人間は現在の暖房の状態
現在の他の栄養の状態もしくは
最近
員はあのうえ
効果コーラでもまあ小倉がいいんですけど水をですがよく治しているんですよ
お茶じゃなくて水を水を飲む人はですね
当然はレート純粋な水のいいますからねポカリスエットばっか飲んでればまだいいん
ですけども
純粋な水を飲みますのでどうしても浸透圧が高くなりがちで
そうするとまぁ
水を飲みたくなっ
逆にあの我々と仕様からラーメンなんかたガストね
どうしても今度は水が飲みたくなるんですよそれはどうしてかっていうとあの
浸透圧のは結構厳しいので体の浸透圧を適正に保つためには
まあ喉が渇いたりそれから喉が喉の渇きがなくても水飲みたくなくなったりするんです
ですからできるだけ自分の体に正直に
薄味でもなく濃い味でもなく
ああああおいしいなと思うものを食べるわけです
それからゴイ味を食べるとクセになるって言ってそんなことありません
あのそれは薄い味でも曲一曲になりますどっちも薄い味だ
健康に子っていう錯覚がありますから何となく薄い味薄い味ってなるんですけれども
濃い味の方が健康には良いということも言えるんですねその健康っていうのは愛って実
は元になりたくなければ
濃い味でから脳卒中になりたくなければ薄い味といってもいいくらいなんですよ
だけどもそれは人間のつまらない頭で考えるわけですから
身体を常に健康にして大きい
自分の感性を正しくしてそして美味しいものを食べるとこれが
ああああああ
お醤油はどのくらい使うべきかの最終的な答えに
なりますね
 
 

チャンネル登録はこちら ►http://www.youtube.com/channel/UCTHZeVyvzmmXj6CCyoP7QNw?sub_confirmation=1

こちらは武田邦彦先生のファンが運営するチャンネルです。 テレビでは放送しないような武田先生の話を配信していきます。

【経歴】 昭和18年6月3日東京生まれ 昭和37年都立西高等学校卒業 昭和41年東京大学教養学部基礎科学科卒業同年、旭化成工業(株)に入社 昭和61年旭化成工業 ウラン濃縮研究所長 平成5年より芝浦工業大学工学部教授 平成14年より名古屋大学教授 平成19年より中部大学教授  平成26年より特任教授工学博士 専攻は資源材科工学 東京大学・京都大学・東北大学・横浜国立大学・早稲田大学・立教大学・愛知大学などの非常勤講師、文部科学省中央教育審議会専門委員、工学アカデミー理事、NEDO技術委員、日本工学教育協会常任理事を歴任

【学位】 ・工学博士(東京大学)

【主な受賞歴】日本原子力学会特賞(1990年) ・日本エネルギー学会賞(技術部門・共同受賞)(1991年) ・日本工学教育協会工学教育賞(倫理)(1999年) ・日本工学教育協会賞(2000年) ・日本工学教育協会論文・論説賞(創成科目)(2003年)

【書籍】 給料を2倍にするための真・経済入門 (ベスト新書) ナポレオンと東條英機 理系博士が整理する真・近現代史 (ベスト新書) 居酒屋力 (双葉新書)  もうだまされない! 「身近な科学」50のウソ 原発、エネルギー、環境、健康知識のホント (PHP文庫) 大麻ヒステリー~思考停止になる日本人~ (光文社新書)  間違いだらけのエコ生活(主婦と生活社) 君が地球を守る必要はありません (14歳の世渡り術)(河出書房新社) 「地球温暖化」論で日本人が殺される!(講談社) その他 多数著書有り

資料:武田邦彦先生ブログ(http://takedanet.com/)

#リサイクル #原発 #ゴゴスマ #中部大学 #ホンマでっか #戦争 #中国 #韓国 #コレステロール #タバコ #虎ノ門ニュース #youtube #本 #ホントの話 #NHK #ホントの話 #テレビ