武田邦彦

【武田邦彦】カルロス・ゴーンの犯罪が日本を揺るがす。【日産・フランス・ルノー・三菱自動車】

ゴーンの犯罪を日本に活かす
・会社の社会的意義
・ヨーロッパの思想を考えて応用する。
・商法を改正する
・技術と営業

 

【自動生成文字起こし】
えっと日産のですねあのボーン会長の犯罪がですね大きく取り沙汰されております
もちろんその日本のですね代表するような大企業ですね
例えば鉄鋼の
新日鉄とか ufj とかですねああ
それから
例えば自動車のと得たところですね
それから電気だったら東芝とか日立とか
パナソニックとか言ったこういったですね大きな会社っていうのは
日本も中で社会的立場があるわけですから
社会的立場のトップがですね犯罪を犯すということは非常に大きなことなんですね
まあ大臣が犯罪をするとか時間が犯罪をするとかですねまあそういうことはまあ日本
全体の力を極めて読めるということで午後に一人のですね犯罪ではないということなん
ですね従ってまぁこのことは一昨日ぐらいから報道されてですね
まだ進行中なので
ゴンの方の言い訳も聞いてませんからやっぱりもう少し状況を見なきゃいけませんが私
はもともとですねあのこんな事件が起こるかどうか別にしまして
ゴーンの考え方
日産のやり方は全く駄目だと思ってたわけですね
人間長は何のために生きてるんだけどまぁいいますとですねその国日本っていう日本の
国に行けですね
それでまず第一に防衛されているとこの防衛されていると言う40ようで
まああの
国が国は持つということはですね
結局その国の国という単位の中で
自分もまた家庭も守られると子どもを守るということが第一ですからまあもっとも人間
で大切なな防衛ですよねそして女性が安心して子どもを産めるというそういう環境
そしてまあ日本国憲法にあるように勤労の義務ですねこれはもう非常
に重要でこれを正戦後の日本の憲法の中に義務として入れてくれたということは僕は
本当にうれしいんですけれども
つまり我々はどんなにお金があったってなくたって人間ってみんな同じなんですよね
朝起きたらご飯を食べて歯を磨いてそしてその人なりにまあ出かけて行って働いたり
勉強したり色々してそしてへまあ夕方になれば少しの楽しいもしてね体って言う
ですねそういう人生を送るわけですよ
その人生自身に価値があるわけですから
そういう価値を生かすような日本じゃなきゃいけないわけですね
それはまあ一つは防衛でありー一つは教育とか
環境でありそして働く場所なんですよねですから働く場所会社っていうのはですね
日本の
中に存在する社会的に行きのある組織であって決してお金で採用されちゃいけないん
ですよね
昔は全部日本の企業はそうでした社員のためにこの社員ちょの音商法改正せんといかん
ですけど
商法で社員って言うのはね株主のこと言うんですよ
そうじゃなくてそれは従業員といい絵なんて食ったらない人が言うんですけどね
武田は商法も知らないのかやそんなこと言ってんじゃないんですね日本の中にの
情報に社員というのは株主だって帰った方が間違ってるんですよ
日本というのはもともと日本語ですから日本語は社員といえば会社に働いている人なん
ですよ
でまさに社員なんですよねつまり会社に対して
いろいろ提供するものがありますよ従業員とか経営者とかさが提供するものがあります
それは例えば労働力であるとか技術力であるとかそれから精神力中華団結力であるとか
それからお金だとかそのお金を経営する力だとかいっぱいの要素があって会社というの
運営されるわけですねですから会社とは誰なものかってそういうくだらない疑問を議論
していけない
強いて言えばですね第一にやっぱり社員従業員ですよ
従業員のものを白いが幸福になるために会社は存在する
これもはっきりしないやんですねその従業員を手助けする従業員の交付
を手助けするために
オカメがあり手法んがあり経営者がいてェ
技術がいるんですよね
主客検討しちゃったらいけないわけですよところが日本以外の特にヨーロッパアメリカ
系ではでこれは主客が点灯しちゃったんですよね
昔はそんなことなかったんですよどこでもですね
資本主義というものが生まれるまではやっぱり働く桜が視力なんですよ当たり前なん
ですよね
梶谷も働いて農家も働いて
ということなんですよね働こうが主力で
し本場視力なんてことないんですよそれが
まあ18世紀のイギリスあたりを中心として
シフォンお金というのがだんだん中止になってきた
それに資本主義なんて名前が付いた
そして資本主義に対抗するために今日山 c なんか出てきちゃった
で結局本来の主義も何もなくて会社の価値というものは従業員が幸せの人生を送るため
のものであると
4本ではなくて
労働でもないということなんですね
でそれがですねまあいろんなことがあるんですよ
あのインテリーっちょっと生半可にそのヨーロッパの考えを勉強した人がですね
会社はあの収益を上げてそれを株主に還元するために存在するんだ誰が決めてなんと僕
なんかすぐ思っちゃうわけですよね
誰が決めたわけでもないんだよそんなな
そっちがインチキなんですよね本来それでそれは日本がずっと続けてきたんですごく
最近まで
松下幸之助もそうだったんですねえっええ
授業員が大切でかお客様神者のだとそういうことなんですねそれが企業なんですよ
そして企業との具体的にはまずはメーカー
でしたら技術と営業で持ってるわけですねもちろん管理の人も大変だしいろいろその他
の教育を担当している人も
人時の人も大変なんですがやっぱり会社の基本は技術と営業であってその人たちが
頑張って
日本を良くしていきそれではお米も僕らが食べられ
美味しいおかずも食べそして自動車も使えクーラーで快適な生活をするということなん
ですねそれ自体なんですよ
ところがのゴンの考え方とは全然違うわけです最近なんか
宇宙旅行に行くとかですね
なんかがゴルフの世界ツアーをするなんつってる人も大事なんですがあの人たちはです
ね何を間違っているかというと会社はお金で支配できると思ってるわけですね
人間というのはお金し入っていけないんですよ人間をお金とか暴力で支配しようと思っ
たのがヨーロッパですね
ですから郡
卵を使いアジアの国を植民地にしそして力とお金で
あの人をその採用すると
それで最も人間で大切な人間が生きていること
労働していることをみんなでそれを分け合って労働の成果を分け合って生きていくこと
その主身をどっかにやっちゃったんですよ
だから今度みたいなことが起こるわけですねまぁ解説者が僕者は
機能が何開設しましたけど解説者がですね
なんとかかんとかいけないんだとか a
午後はどのぐらいの収益だとか外国語の経営者は20億もらってる30を組まれている
全然関係ないですよ私はですね
まあまあ
人にはインセンティブっていうかですね夢も必要ですから
まあ社会で成功した人の収入の上限は練習1億円ですね
この法律でカチッと決めちゃったがいいですよ選挙の公約にしてそれでそれを通じて
ですね
社会は誰のものかと日本社会は
誰のものかで日本画です日本っていう国はですね
歴史的に非常に成功した国なんですよね2000年パン
ま主に成功したのはやはり島国だったこと
民族はそれほど多くなかったこと天皇陛下という方がおられたことそれが男系男子では
遺伝子の
あの相続をしたことそれからまあそういう中で日本人の勤勉さ
融通性の高さそういうのが出てきてそして会社制度もそうですし
お家制度もそうですし家庭もそうだったわけですね
これ私が懐古趣味じゃなくて f
常に平22
心をタイラギして m
世界の文化と繁栄それから人間の命
お釈迦様はイエスキリストマホメットまあこういう方々が言ってられること
これ全部総合しますとね日本が最も素晴らしい文化なんですよですからまあ他の国も
そうしろって言うじゃないけど
日本は日本のやり方でやるべきです
えっ日産自動車が日本の会社なんですからこの際
こういう号の犯罪が起きたんですからねやっぱり役員の中で一番約円柱のですね経営だ
と系って大したもんじゃないんですよ
えっあの技術と営業を助ける
一つなんですね神乳とかその一緒なんですよですから
兄嵩大ライダーなんてことないんですよ経営だけで会社の収益は
出てるんじゃないんですよ今度だってですねゴホンさんが選ぶじゃないんですよ
人を減らさない従業員を減らさないで
業績を回復したなら号西ないんですよ首を切っ従業員のね
解雇してねそして西関脇だったのは簡単なんですからそれ経営とは言わないですよ
だからゴンさんは経営によって日産を良くしたんじゃなくて単に
人減らしをしてあの収益を稼いだんだから
まあ
はそういうショットいくらでもいますからねそんな経営者経営者でもないし
車を作るよりがずっと楽なんですよねまあそういうことでがんとが日本がこれによって
良い社会に戻ることを期待しますねー

チャンネル登録はこちら ►http://www.youtube.com/channel/UCTHZeVyvzmmXj6CCyoP7QNw?sub_confirmation=1

こちらは武田邦彦先生のファンが運営するチャンネルです。 テレビでは放送しないような武田先生の話を配信していきます。 【経歴】 昭和18年6月3日東京生まれ 昭和37年都立西高等学校卒業 昭和41年東京大学教養学部基礎科学科卒業同年、旭化成工業(株)に入社 昭和61年旭化成工業 ウラン濃縮研究所長 平成5年より芝浦工業大学工学部教授 平成14年より名古屋大学教授 平成19年より中部大学教授  平成26年より特任教授工学博士 専攻は資源材科工学 東京大学・京都大学・東北大学・横浜国立大学・早稲田大学・立教大学・愛知大学などの非常勤講師、文部科学省中央教育審議会専門委員、工学アカデミー理事、NEDO技術委員、日本工学教育協会常任理事を歴任 【学位】 ・工学博士(東京大学) 【主な受賞歴】日本原子力学会特賞(1990年) ・日本エネルギー学会賞(技術部門・共同受賞)(1991年) ・日本工学教育協会工学教育賞(倫理)(1999年) ・日本工学教育協会賞(2000年) ・日本工学教育協会論文・論説賞(創成科目)(2003年) 【書籍】 給料を2倍にするための真・経済入門 (ベスト新書) ナポレオンと東條英機 理系博士が整理する真・近現代史 (ベスト新書) 居酒屋力 (双葉新書)  もうだまされない! 「身近な科学」50のウソ 原発、エネルギー、環境、健康知識のホント (PHP文庫) 大麻ヒステリー~思考停止になる日本人~ (光文社新書)  間違いだらけのエコ生活(主婦と生活社) 君が地球を守る必要はありません (14歳の世渡り術)(河出書房新社) 「地球温暖化」論で日本人が殺される!(講談社) その他 多数著書有り 資料:武田邦彦先生ブログ(http://takedanet.com/)    こちらは武田邦彦先生のファンが運営するチャンネルです。 テレビでは放送しないような武田先生の話を配信していきます。 【経歴】 昭和18年6月3日東京生まれ 昭和37年都立西高等学校卒業 昭和41年東京大学教養学部基礎科学科卒業同年、旭化成工業(株)に入社 昭和61年旭化成工業 ウラン濃縮研究所長 平成5年より芝浦工業大学工学部教授 平成14年より名古屋大学教授 平成19年より中部大学教授  平成26年より特任教授工学博士 専攻は資源材科工学 東京大学・京都大学・東北大学・横浜国立大学・早稲田大学・立教大学・愛知大学などの非常勤講師、文部科学省中央教育審議会専門委員、工学アカデミー理事、NEDO技術委員、日本工学教育協会常任理事を歴任 【学位】 ・工学博士(東京大学) 【主な受賞歴】日本原子力学会特賞(1990年) ・日本エネルギー学会賞(技術部門・共同受賞)(1991年) ・日本工学教育協会工学教育賞(倫理)(1999年) ・日本工学教育協会賞(2000年) ・日本工学教育協会論文・論説賞(創成科目)(2003年) 【書籍】 給料を2倍にするための真・経済入門 (ベスト新書) ナポレオンと東條英機 理系博士が整理する真・近現代史 (ベスト新書) 居酒屋力 (双葉新書)  もうだまされない! 「身近な科学」50のウソ 原発、エネルギー、環境、健康知識のホント (PHP文庫) 大麻ヒステリー~思考停止になる日本人~ (光文社新書)  間違いだらけのエコ生活(主婦と生活社) 君が地球を守る必要はありません (14歳の世渡り術)(河出書房新社) 「地球温暖化」論で日本人が殺される!(講談社) その他 多数著書有り 資料:武田邦彦先生ブログ(http://takedanet.com/)