武田邦彦

【武田邦彦】ウイグル族は信仰を捨てなければ生きていけない。科学とは常に欠点と向き合うこと。いつかニュートンも必ず否定される。戦争ばかりのヨーロッパで利己主義。有色人種を奴隷にしても心痛まない。

アコースティック哲学:宗教と科学 宗教と科学 科学は大脳で組み立てるので、どこまでも未完成。 宗教はDNAやアフォーダンスから組み立てられる。 従って、宗教と科学は矛盾しない。

【自動生成文字起こし】
共産主義つのあれす今日の方から9番だかわかんないんですがまあいずれにしても必ず
ソ連もそうでしたけど宗教を排斥する
現在の中国でストですね
非常に激しくウイグルのイスラム教徒の方をいじめてるらしいんですが
とにかくその信仰を捨てなければ生きていけないそとまゆえのこと言っておられるわけ
ですね
しかし私は宗教と科学って全くたい月概念でもなんでもないというのを持っているわけ
ですね
っていうのはカラー桑田氏はまあ科学者なんですけども
科学っていうのは非常に大きな欠点を持ってるんですよ
自分が科学をやりながらクラックがその決定があるというのも変なんですが
科学者であるが故に科学に対して非常に欠点が見えるって言うけどね
なぜかって言いますと科学は大脳で組み立てるんですよ
主には論理ですねデータに基づいて論理を組み立てるわけですが
私たちが得られているデータつの絶対に間違っているんですよだって現在までのデータ
ですからね
しょっちゅう言ってるんですけど
今から前年前の紫式部にスマホを渡してこれで
光源氏に電話してくださいと言えば
マルサ景色部はどんなに聡明な女性であってもあなたを握って私に効くだろうと
私たちは今スマホを普通に使って何とも疑問に思っておりません
しかしちょっと前はテレビの中に箱に
人が入ってんじゃないのっていうふうに思ったりもするわけですね
まあそういうその価格のことだけじゃないわけです
私は昔イギリスのですね
ホープスでしたがリヴァイアサンを読んでいる時ですね
どの様の子供がば母だったら
それはどうするかっていう議論をですね
イギリスの知性あふれる人が真面目にやっているわけですね
今はもう民主主義の時代ですから別に首相の息子が阿呆なら別にその首相の息子首相に
する必要はないんですけど当時は何ても生主ですからねセシルが当然であるという時代
ですからだからはそれを震源に議論するっていうわけです
私たちが正しいとか
いうことを考えているものは大脳で考えたものですは全くアテン何なくて
まあ私もこの名古屋大学で打っツリーを打つリックの性格と物理科学なんですけど物理
を教えている時ですね
学生によく15回目の最後の時はですね
こういったものです私が皆さんに今まで
54回今日で15回教えてきたけども私の教えてきたこの物理狩り物理化学というのは
全部間違ってます
しかし私たちはニュートンの肩の上に乗らなければいけないのでとりあえず私は皆さん
をニュートンの肩の上
つまりニュートンっていうのが現在の学問体系ですね
現在の学問体系の上二之瀬ましたと
乗せたから皆さんは今までよりか遠くを見ることができるでしょうと
だけど皆さんが見る遠くの景色はみんなこれも間違っています
なぜかったらニュートンの肩の上自身が間違っているからです
やがてニュートンも否定されいろんなことが否定されて
皆さんは違う景色を見ることになるけどもそれこそが
学生の皆さんの
やりがいのある人生の意味ですと
まいうようなことを話しを出雲してました
私たちは人間という非常に貧弱なものでありかつ大脳というのは
赤ジャームから埋まる赤ちゃんで生まれた時はもう何にを知らないわけですね
宇宙の真理も知らなければこれまでの人間の歴史もらった9知らない真っ白な状態で
生まれて
それが
自分の赤ちゃんの時にお母さんを教えてくれたり周りがに子供たちがいたりして
自分の知識ができてくるわけですから
とても不完全なんですね
宗教という点でいえばですね
なぜか不思議なことにアメリカに住んでる人はキリスト教徒が多く
サージュアラビアに住んでいる人はイスラム教徒が多いんですよ
こんなことでありえませんよねだって神様が本当に神様ならば
アメリカに住んでる人もサウジアラビアに住んでる人も宗教は同じか同じ比率なはずな
んですよね
だって場所によって信じる神さんが違うなんていうのはおかしいわけですが赤穂いう
ことが起こるのはわたしたちが神を信ずる伝ってその神というの葉
私たちの大脳
で信じてるもんですからかだから
生まれ育ったところで宗教が決まるなんていうのがあるんですよね
私昔てねー高校生ぐらいでしたが大学生だったか忘れましたけど
アメリカ人はなんで自由主義がいいと言って
ソ連人はなんで共産主義がいいと言ってるのかなぁと思って非常に不思議に思いました
アメリカの人が自由主義がいいと思うのはアメリカに住んでて毎日毎日
そういうテレビを見たり新聞見たりするから自由主義がいいと思っている資本主義つと
いいですかね
資本主義のいいでしょうね
ソ連の人はやっぱりソ連でいつもプラウドなんか読んでるから今日斬新でいいと思って
しまう
別にそこに住んでるからうっていうがあっての私たちの正しいと考えることはいかに
いい加減かっていうことですね
まああのところが学問はまあ大脳だけなんですけど
宗教っていうのはですね dna とかアフォーダンスからなんですが
人間の判断っていうのは大脳と dna とアフォーダンス
ミラーに色
それから
ビーム声まとめた言葉がないんですけど
日での遺伝的ではなく大脳的ではない私たちの体に
ある判断
機構言ったらいいんですね第3販売の気候って言ったら良いんでしょうかね
第一判断機構は dna であり第二判断機構がアフォーダンスミラー
ニューロンっていうなものであり財産判断機構が大脳なんですね
で私がまあ科学者として大脳がまあ発達してきたわけなんですがそれから宗教を見ます
とね
お釈迦様にしてもイエスキリストにしてもですね
何を話しになっているかといいますとまあ主に dna とか
第3判断機構
に書いてあることなんですよ
科学はだいたいするはを把握してるんですね例えば
他人を愛しなさい
みんなのために献身しなさい
事故をしてなさい
自分の欲望しなさいこれは全部
実は dena とか第3
判断機構に書いてあることなんですね
大脳は違うんです大脳は自分が大切
自分の理屈が大切自分が正しいって言う
そういう奴なんですねこれは正
不幸にしてヨーロッパ中世角がありましたのでその後ルネサンスが来て事故に目覚めて
大脳が活発に働いたら働き始めた
現在のヨーロッパの論理主義というものなんですね
これは利己主義なんですですからヨーロッパー戦争ばっかしてますし
入職人4を
植民地にして働かしても何の心の痛みがないんですねこれは代表で考えてますから
したがって現在のアメリカでもまだそうですけれども買ったものがいいということで
例えばお金を儲けたら人は偉いと箱付になっちゃうわけですね
つまり
学ホント
科学と宗教っていうのはですねそれがもともと正しいと思う
人間の体の中の判断する場所が違うんですね
価格は大脳で正しいと判断しているわけです
それから宗教は bn 8第3判断気候で正しいとしているんですね
ですから人間の中に正しいとする場所が違っているものですから
したがって宗教が教えることと科学が教えることは違うっていうことになるわけです
からこれは別に何ら矛盾してないんですね
もちろん人間は大脳があり dna がありーダーさん判断機構があるわけですから
ですからその3つが調和した姿
それが本当に人間が正しいと思うことなんですねでこれ難しいんですね
bma はフェーブつができてから38億年前から
の知恵ですから過去の家大脳というのは生まれてから後
それから第3版満期コードはだいたいその人の体に残ってるぐらいのに300年の知恵
という部分がありますのでそれぞれやっぱり判断が違う
まぁ今後研究が進みですね
宗教と科学が何ら問題なく共存できるような状態になるであろうというふうに思います

チャンネル登録はこちら ►http://www.youtube.com/channel/UCTHZeVyvzmmXj6CCyoP7QNw?sub_confirmation=1

再生リストはこちら
https://www.youtube.com/watch?v=WVPXsW-0TAE&list=PL2pMnA4oU6qvZ-BJa0bi2PNftYYlQHyal

こちらは武田邦彦先生のファンが運営するチャンネルです。 テレビでは放送しないような武田先生の話を配信していきます。

【経歴】 昭和18年6月3日東京生まれ 昭和37年都立西高等学校卒業 昭和41年東京大学教養学部基礎科学科卒業同年、旭化成工業(株)に入社 昭和61年旭化成工業 ウラン濃縮研究所長 平成5年より芝浦工業大学工学部教授 平成14年より名古屋大学教授 平成19年より中部大学教授  平成26年より特任教授工学博士 専攻は資源材科工学 東京大学・京都大学・東北大学・横浜国立大学・早稲田大学・立教大学・愛知大学などの非常勤講師、文部科学省中央教育審議会専門委員、工学アカデミー理事、NEDO技術委員、日本工学教育協会常任理事を歴任

【学位】 ・工学博士(東京大学)

【主な受賞歴】日本原子力学会特賞(1990年) ・日本エネルギー学会賞(技術部門・共同受賞)(1991年) ・日本工学教育協会工学教育賞(倫理)(1999年) ・日本工学教育協会賞(2000年) ・日本工学教育協会論文・論説賞(創成科目)(2003年)

【書籍】 給料を2倍にするための真・経済入門 (ベスト新書) ナポレオンと東條英機 理系博士が整理する真・近現代史 (ベスト新書) 居酒屋力 (双葉新書)  もうだまされない! 「身近な科学」50のウソ 原発、エネルギー、環境、健康知識のホント (PHP文庫) 大麻ヒステリー~思考停止になる日本人~ (光文社新書)  間違いだらけのエコ生活(主婦と生活社) 君が地球を守る必要はありません (14歳の世渡り術)(河出書房新社) 「地球温暖化」論で日本人が殺される!(講談社) その他 多数著書有り

資料:武田邦彦先生ブログ(http://takedanet.com/)

#武田邦彦 #リサイクル #原発 #ゴゴスマ #中部大学 #ホンマでっか #戦争 #中国 #韓国 #コレステロール #タバコ #虎ノ門ニュース #youtube #本 #ホントの話 #NHK #ホントの話 #テレビ #温暖化