武田邦彦

【武田邦彦】※閲覧注意。このバッシングは非常に根深いです。現代医療のひどい間違いを指摘します。医療関係者の人は科学的に未熟。これを言うと怒られるかも【ワクチン、信頼、医療費

わたしたちの健康15:ひどい間違いを排除して医療を考える
・インフルエンザなど、免疫病、成人病、ガン。
・成人病(生活習慣病)とは何か?
・医療費を増やす医療もあるので、やめる事が信頼回復の前提。
・「健康に良い食事」はウソという本。

【自動生成文字起こし】
私たちの医療健康を考えるでですね
医療の問題をまあ探っております
もともとは in フランカーウイルス
の生主に関するように激しい
反論がありましてやっぱりこれは根深いものがあるなということで勉強を始めました
で絵解きそうのことをやってですねそれでへとこの14番
昨日のものについてはですねまあ相当やっぱりお医者さんの方からの反撃もありました
特にこのまああのペストこれらチフス天然と狂犬病マラリアといったですね大きなもの
はですね
抗生物質とかそれからワクチンですねまは口な名ね免疫力を上げるということなんです
いずれにしても
相手がライオンみたいな状態でこっちがひ弱な状態積んで手も足も出なかったわけです
向こうも歳最近の方も猫ぐらいの大きさになり
こちらの体の方もワクチンで強くなるということで
まあそういった危機は去った後ですね現在の日本に残されているのがインフルエンザ
などの
他のウイルスあるんですかウイルスもの塔ですね
それからもちろんまだあの
いろんな病気ありますね
しかしそれと免疫病それから成人病癌というのがあると
名ギンズでちょっと
喘息とかですねリュウマチについてちょっと触れましたんですがやはりこれは非常に
難しいのでですね
た反論もありました私はですねー
ここで直ちに結論を出そうちんじゃなくてやっやっぱり医療っていうのはお医者さんの
もんじゃないんですよねやっぱりまあ
患者さんのものなのでまぁいえばですねですからまあ
おい版のレベルで突然議論するんじゃなくて
まずは普通の人の患者さんた普通の人ですから
普通の人まあ医学と改良にあまり詳しくないのが普通です
出すですから医者がいるわけですから
そういう人もですね十分に現在の医療というものを理解するということが大切だという
思ってこれを始めておりますので
免疫病に関する私の
昨日の発言はですね一部もちろんお伊勢さんにとっては不十分な発言でもっと
コバ各位は言わなきゃいけないんですが英名奇病については非常に難しいし
しかし免疫病っていうこそが現代の医療の問題の大きな問題かもしれないんですよ
実はそれでそれはあの少し後に回してですね
ここではあのひどい間違えだけ先に排除しとこうと思うんですね
現代の医療のうちひどい間違えと考えられるものはちょっと排除してから議論した方が
いいんじゃないかと思いましてまず
成人病まぁ最近では生活習慣病と呼ばれることもありますがこれは何か
っていうことですね
でまぁ私のこのブログでも再三言っておりますがこの成人病のなかでも生活習慣病中で
は一番ひどいものは血圧130ってやつですね
それで
これもあの
実は血圧が低いほうがいい不要がいいと低いほど良いと
実際その基準もですね130以下とかですね
ひどい時に履く20以下っていうのはあってですね
なんか血圧はもうない方がいいとまいうような指導を長く
厚生労働省
医師会医学会それから開業医が進めてきましたので
本当に私が話してみると多くの人は血圧は
私が高い方が良いと言うとみんなが笑うんですよね
先生何言ってんのって感じなんですねですから最近ではどういう話をするかというと
4階建ての版市安謝あのマンションの4階が火事になったとそこに消防車が来ると
そしたら皆さんは消防士が例えば0.6km 2-その放水圧力を決めるか
0.5昼にするかっていうのに興味ありますかとそうじゃないでしょうと
血流あじゃあ家釣りじゃないですホースから出た水がですね4回に達するかどうかに
興味があるでしょうと
あの家もそうなんですよと血圧というのはまあ意味がないとまで言わないけど二次的な
もので
まずは
身体全体に血が行き渡るかどうかということは問題なので
本当はお医者さんはですね血圧を測るんじゃなくて
例えば足の指先の血流量とか
まず脳に回ってる結了量を測定するべきなんだけれども
残念ながら血流量の測定ができないので
圧力で代わりをしているわけですね
そうすると本来家というのは血流量を保つ
まあ的性差血流量はどのくらいかという議論が大切なんですが
圧力もちろん関係ありますけれどもそれは二次的なものなんですね
ところが測定できないから血圧だけ図るっていうのがまず一つの
先ず一つの問題ですね
それからあのケッツ後はなんで
もちろん血圧がゼロになったらすぐ死んでしまうんですけども
血圧はなぜあるかといったら父を全身に送るためですね
二土地をなんで全身に送らなきゃいけないかったら主には4つあるわけですね
一つが3層を送る
2番目が栄養を送る
3番目が白血球のようないわば最近とかそういったものを主に扱えるものを送る
それからまあがんですね
茗渓もそうですね茗渓のものをまあ送るのは決意ばかりではないんですけどまぁ送る
それから
learn を
こう弱めるようなものを元外資にしでもなんでもそういったものを送る
つまり他の送る手段もあるんですけどもやっぱり血液が一番身体全体を
の命を保つために体の隅々まで60兆個の細胞にはそれぞれを届けるわけですねだから
血圧を下げれば酸素はいかなとなり元気がなくなり栄養が行かなくなって原案これも
元気がなくなるか痩せるか病気になるかするそしてはっきり気がなくなって肺炎とか
いろんな病気になるが免疫系もあまり行き届かないのでえっインフレジャーナル
するガーンの会新春行かないのでがんになりやすいとまあそういうふうになるわけです
から
血圧が高くなりすぎると今度は
血管が破れたりするわけですねですから程々の血圧がいいわけです
どのくらいの血圧がいいかっていうデータは最近の信頼できるデータとしては日本
ドック学会が150万人の人に人を検査してそのうち
1万5000人のどっから見ても健康であるとまぁ健康体の人を年齢にかかわらず
平均を取ると平均が147になると
150と言っていいですね私が147150と丸めるのはですね
8実はの血圧妻は測定の方法も非常に難しいし
朝起きた時昼前午後
まあよるいう形なんか全然違うんですね夏場と冬場でも違います従って147っていう
ですね3桁の精度を持ってないんですよ
このさん
桁の精度を持ってないのに日本6学会は147と言ったりするのはですねやっぱりこれ
はまあ私ちょっと言いにくいんですけども
あの医学関係度1の人が科学的にちょっとまだ未熟なじゃないんだなーと思うところも
あるんですねあんまりあっちこっち的にまーすと者なんですけど
まあいいじゃないは150なんですよ
健康な人が110ところがですね人間の体ってのは年をとるごとに変わっていくんです
これを老化と言ってもいいかもしれない申請から変化と言っても良いと思いますここで
は変化ということにします
人間の体は年齢によって変化しますそして若い頃は血管
敵が柔軟なので
圧力がかかりますとまぁ心臓がポンプを動かして血液を送ろうとしますと血管が少し
太るんですね
太くなります従って血圧は盛り上がらないんですが
年齢を重ねると変化が生じまして血管壁が少しずつ硬くなります
そうしますと
まあ血管が破れる危険性土地を送れない危険性と2つが生じます
その時に体はですね
血管が破れる破れない範囲でできるだけ血液を送ろうとしてそしてへまあ普通は年齢+
90
つまり50歳の人が140それから年を一切経るごとに1ずつ増えていくこれは血管が
硬くなっていくという年齢による
変化に対応しておりますので
まあ血流量をほぼ一定にするとか少し減ってもいいけどもあまり元気がなくなるよとか
病気にならないようにするために
まあ自分の身体が考えてそうにしているわけですね
それを市立230にするっていうのは老化っていうか年齢による体の変化を無視した
指標なんですねですから成人病っていう名前を止めて生活習慣病っていう名前に変える
つまり年齢による体の変化を考慮しないというものすごい
あの
リクそうなんですよ
100m を昔若い頃は13秒で走ったけども今は20秒かかるというお年寄りに対し
てそれは異常だから
足が遅い病気という名前をつけてそれで筋肉増強剤を打つというような考え方と一緒な
んですね
これについてはまた次回にさらに詳しく考えていきたいとおもいます

チャンネル登録はこちら ►http://www.youtube.com/channel/UCTHZeVyvzmmXj6CCyoP7QNw?sub_confirmation=1

こちらは武田邦彦先生のファンが運営するチャンネルです。
テレビでは放送しないような武田先生の話を配信していきます。

【経歴】 昭和18年6月3日東京生まれ 昭和37年都立西高等学校卒業 昭和41年東京大学教養学部基礎科学科卒業同年、旭化成工業(株)に入社 昭和61年旭化成工業 ウラン濃縮研究所長 平成5年より芝浦工業大学工学部教授 平成14年より名古屋大学教授 平成19年より中部大学教授  平成26年より特任教授工学博士 専攻は資源材科工学 東京大学・京都大学・東北大学・横浜国立大学・早稲田大学・立教大学・愛知大学などの非常勤講師、文部科学省中央教育審議会専門委員、工学アカデミー理事、NEDO技術委員、日本工学教育協会常任理事を歴任

【学位】 ・工学博士(東京大学)

【主な受賞歴】日本原子力学会特賞(1990年) ・日本エネルギー学会賞(技術部門・共同受賞)(1991年) ・日本工学教育協会工学教育賞(倫理)(1999年) ・日本工学教育協会賞(2000年) ・日本工学教育協会論文・論説賞(創成科目)(2003年)

【書籍】 給料を2倍にするための真・経済入門 (ベスト新書) ナポレオンと東條英機 理系博士が整理する真・近現代史 (ベスト新書) 居酒屋力 (双葉新書)  もうだまされない! 「身近な科学」50のウソ 原発、エネルギー、環境、健康知識のホント (PHP文庫) 大麻ヒステリー~思考停止になる日本人~ (光文社新書)  間違いだらけのエコ生活(主婦と生活社) 君が地球を守る必要はありません (14歳の世渡り術)(河出書房新社) 「地球温暖化」論で日本人が殺される!(講談社) その他 多数著書有り

資料:武田邦彦先生ブログ(http://takedanet.com/)

#武田邦彦 #リサイクル #原発 #ゴゴスマ #中部大学 #ホンマでっか #戦争 #中国 #韓国 #コレステロール #タバコ #虎ノ門ニュース #youtube #本 #ホントの話 #NHK #ホントの話 #テレビ #温暖化